卒入学式、ワンランク上のママを目指すなら着物がおススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フォーマルシーンの江戸小紋コーディネート

バレンタインも過ぎ、いよいよ卒入学式シーズンが近づいてきましたね。この時期お子様を持つママたちを悩ませるのが、卒入学式のママのコーディネートではないでしょうか。「スーツはもちろん素敵だけど、無難にまとまりすぎてしまう」「あまり派手すぎず、かといって地味でもないコーデがしたい」そんなママたちにおススメなのが着物です。

卒入学式にふさわしい着物コーデ

卒入学式などの式典には準礼装もしくは略礼装がふさわしいので、訪問着(準礼装)、色無地(略礼装)、付け下げ(略礼装)、江戸小紋(略礼装)の着物ならバッチリです。あくまで主役はお子様なので、訪問着の場合もあまり柄が派手すぎないものの方が良いと思います。

付け下げ訪問着コーデ

付け下げ訪問着とは、付け下げでありながらパッと見は訪問着のように見える着物のことで、訪問着と付け下げの中間にあるような着物です。

付け下げ訪問着コーデ

絞りが豪華な付け下げ訪問着と薄いピンクの袋帯の組み合わせ。慶事にピッタリの華やかなコーディネートでありながら、柄が主張しすぎず卒入学式にとてもマッチすると思います。

付け下げ訪問着コーデ

こちらも付け下げ訪問着のコーディネートです。合わせた帯はシルバーの袋帯。淡いピンクの色合いが「優しいママ」という感じで素敵ですよね。

色無地コーデ

色無地コーディネート

こちらはベージュの色無地に深いグリーンをベースにした袋帯のコーディネートです。訪問着や付け下げは華やかな印象がある一方で、色無地は何と言っても「品」が強調される着物です。落ち着いた大人の女性が色無地を着ていると本当に素敵なので、小さなお子様の卒入学式よりは、中・高校生以上のお子様の卒入学式にマッチするかもしれません。

江戸小紋コーデ

フォーマルシーンの江戸小紋コーディネート

最後は、江戸小紋にゴールドの袋帯のコーディネートです。江戸小紋は、色無地と同格に扱われますので、卒入学式などの式典にも着ていけます。

 

紋が入っていない着物は卒入学式にはNG?!

準礼装もしくは略礼装の場合、紋つきの着物を着るのが一般的です。では、例えばご自宅にある着物に紋が入っていなかったら着てはいけないのか?というと、個人的には着てしまって良いのではないかと思います。(着物のしきたりには反しているので、この意見には賛否両論あるかもしれません。)

例えば、その地域のしきたりを重視したり目上の方の出席者も多い結婚式や、しきたりにうるさいお茶席などでしたら「準礼装・略礼装は紋付きの着物以外NG」なのだと思うのですが、卒入学式ではスーツで出席するママたちが大半の中で、「着物だけはしきたりを絶対に守らなければいけない」というのも少し時代感とズレている気もします。

そもそも、このご時世で着物の知識を持っているママたちは本当に一握りだと思いますし、仮に紋がついていない着物を着ていたからといって「あの人恥ずかしい」と思うような人はいないのではないかと感じます。着物は洋服にはない華やかさや品格がありますので、準礼装・略礼装の着物をお持ちであれば堂々と着物で出席されることをおススメします。ちなみに、写真も後ろ姿はあまり撮らないと思いますので、美しい着物の前姿が思い出としても残りますよね。

 

和装ヘアアレンジ

和装の時は、髪の長さがミディアム以上であれば基本的にアップにします。忙しい卒入学式当日に美容院に行っている暇はないと思いますので、自宅で簡単にできるアレンジがおススメです。

着物ヘアアレンジ

くるりんぱが出来れば5分でできる簡単ヘアアレンジ。パールのバレッタや花柄のかんざしなどがあると手軽に華やかさをアップできてとても便利です。このヘアスタイルの動画が下にアップしている動画です。

動画ではくるりんぱをした後に三つ編みをしていますが、三つ編みをしないでそのままアップにしたヘアスタイルがギブソンタックと呼ばれるもので、下の写真のような仕上がりになります。

和装ヘアアレンジ

ギブソンタックは海外でもとても人気なヘアスタイルですが、後れ毛がお団子から落ちてきてしまったりするので、ミディアムヘアの方は三つ編みをしてからアップにした方が崩れにくくて安心だと思います。

 

着物をレンタルするならチェックしたい3つのポイント

着物は持っていないけど、卒入学式には着物を着たい!というママたちも大勢いると思います。レンタルであれば既にコーディネートされたものがセットになっている場合も多く、余計な心配が一つ減るかもしれないですね。

レンタルは着たら返すだけのお手軽さが最大のメリットである一方、自分の物ではない分気をつけないと思いのほか高くついてしまったり、着てみたら似合わなかったりと、せっかくのハレの日を台無しにしてしまう可能性もあります。そんな悲しい思いをしないためにも、着物をレンタルする場合には以下の点は必ず事前にチェックしたいポイントです。

  • 事前に下見・試着ができるか
  • 料金にはどこまで含まれているのか(小物類・着付け・ヘアセットなど)
  • 借りられる期間はどのくらいか

それぞれのチェックポイントの詳細はこちらの記事にも記載していますので、ぜひご参考にしてみてください>>着物をレンタルするならチェックしたい3つのポイント

 

記事一覧はこちらから>>http://kimononadeshiko.com/sitemap/

 

合わせて読みたい

【初心者向け】着物お出掛けデビューの準備と注意ポイント

色無地の着物、実はすごく活躍するって知ってますか?

着物の種類フォーマル編|こんな時はどの着物が正解?

着物の着付け|初心者でもひとりでできる簡単着付け

袋帯の結び方|初心者でもひとりでも失敗しない秘訣

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください