色無地の着物、実はすごく活躍するって知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
青の色無地

着物の種類は数あれど、色無地ほど活躍の幅が広い着物はありません。着物の色や紋によって着れるシーンは異なってきますが、慶弔シーンとオシャレ着どちらのシーンでも着れる着物は色無地以外にありません。ぜひ1枚は持っておきたい色無地の魅力と活躍のシーンとは?

色無地とは

色無地は黒以外の一色に染められた着物で、柄は入っていません。既婚・未婚問わずに着られ、紋の有無や数によって格が大きく変わるのが特徴的です。(紋の数と格はこちらをご参照ください。>>色無地について

色無地の魅力

色無地の魅力は、何と言っても活躍のシーンがとにかく広いことです。大学の卒業袴に合わせる、来賓として結婚式に出席する、子供のお宮参り・入学卒業式の付き添い、お通夜や法事など慶弔シーンから、観劇や食事会などのオシャレ着として、またお茶や活花などのお稽古にも着ていけるとても万能な着物です。

青の色無地

青の色無地

色無地のもう一つの魅力は、単色がゆえに着る人の個性が出るところです。洋服に比べて体を覆う面積が広い着物は、より色のインパクトが大きくなり周囲からの印象を大きく左右します。自分に一番合う色をじっくり探して長く愛用していきたいですね。

また色無地は単色がゆえに「地味になるのでは?」と心配されるかもしれませんが、合わせる帯によって華やかにも、落ち着いた感じにも自由自在にアレンジできるので、これもまた色無地が重宝される理由の1つだと思います。

色無地の生地には、地紋のない生地と地紋がある生地があり、遠目にはその差はわかりづらいですが、地紋がある生地は動くと地紋が揺れて美しく、より豪華な印象に映ります。上の写真は地紋なしの色無地、下の写真は地紋があり背中に1つ紋も入っている色無地です。

一つ紋

一つ紋付きの色無地

 

色無地のシーン別利用について

幅広いシーンで活躍する色無地の、具体的なシーン別利用について見ていきましょう。まずは結婚式やお祝いのイベントで着る色無地についてです。

結婚式

紋付(一般的には背中に1つ紋)の色無地に、豪華な袋帯を合わせます。祝意を示す場ですので、明るい色の色無地に袋帯も金銀糸の入った袋帯を合わせ、華やかな訪問着や付け下げ、ドレスなど他の来賓者にも引けを取らないようにします。

  • 合わせる帯:袋帯
  • 長襦袢:無地もしくはぼかし
  • 帯上・帯〆:礼装用(金銀糸の入ったもの)
  • 草履バッグ:礼装用(金銀糸の入ったもの)

卒業式(本人)

袴に合わせる色無地ですので、若い娘の門出らしく明るい色の色無地が良さそうですね。紋はなくても問題ないと思います。

子供のお宮参り、入学・卒業式の付き添い

お子様のお祝いごとですので、やはり明るい色の色無地に袋帯を合わせます。お宮参りや入学・卒業式の付き添いは訪問着・付け下げを着るお母様も多いと思いますが、何より主役はお子様ですので、お母様は上品な華やかさを保ちたいところですね。色無地は主張し過ぎないので、お子様のお祝いイベントにも大活躍すると思います。

お葬式・お通夜・法事

三親等より遠い親戚で行われるお葬式、血縁関係のない人のお葬式に参列するとき、またお通夜や法事にも1つ紋つきの色無地の着物が使えます。弔いですので、グレーや紺、紫などの寒色系か中間色のダーク系を選び、華やかな色は避けます。また吉祥文様などの地紋が入っていない着物が相応しいです。

  • 合わせる帯:お葬式では喪服用の黒供帯、お通夜や法事では同じく喪服用の帯か写真のようなお通夜・法事向けの名古屋帯を合わせます。結婚式などお祝いの席ではめでたいことが重なるようにと二十太鼓(袋帯)を締めますが、不幸な出来事は重ならないように弔事では名古屋帯を締めるのがマナーです。

お通夜・法事用の名古屋帯

  • 長襦袢:白
  • 帯上・帯〆:黒の帯上・帯〆
  • 草履バッグ:黒の布地の草履・バッグ

改まった挨拶の場

お正月に目上の方にご挨拶の訪問をする、また結婚前のご挨拶や両家顔合わせなどの改まった場にも色無地が活躍します。婚約の挨拶では、本人はもちろん両家の母親も色無地が着れますし、また結納時にも両家の母親は訪問着もしくは色無地が相応しい格好となるようです。

慶弔時ではないですので紋は必ずしも入っていなくても問題ないと思いますが、改まった場ですので1つ紋が入っていればベターだと思います。

結納のお席は袋帯を合わせますが、その他のシーンでは金銀糸がふんだんに使われた礼装用の袋帯ではなく、少し格を抑えた袋帯や、もしくは格の高い名古屋帯と合わせても良いのではないかと思います。

観劇・食事会

最後は、オシャレ着としての活用方法です。色無地は紋をつけなければオシャレ着として活用できますので、友人や家族との観劇やお食事会、同窓会、お茶会、お茶のお稽古などととにかく幅広く活躍します。オシャレ着として着る場合には、金銀糸の入っていないオシャレ用袋帯や名古屋帯と合わせると良いと思います。

お洒落用袋帯

お洒落用袋帯

また、紋が入っているとオシャレ着として絶対に着てはいけないかと言うと、そんなこともないそうです。下の写真の色無地着物のように、紋が入っていても目立たない場合はオシャレ着やお稽古にも着てOKとのことなので、色無地の着物を誂える場合には、目立たない1つ紋を入れると幅広く使えそうですね。

一つ紋

一つ紋付きの色無地

 

いかがでしたか?

さらに便利なことに、色無地は染め替えもできます。幅広いシーンで使えるとはいえ慶弔両方で使える色は中々難しいですので、お祝いごとの多い若い時には明るい色で色無地を誂え、歳を重ねてきたら落ち着いたダークカラーに染め替えればまた新しい楽しみ方ができると思います。

 

記事一覧はこちらから>>http://kimononadeshiko.com/sitemap/

着物コーディネート

合わせて読みたい

リーズナブルに着物を買うならおススメのショップ4選

着物の収納は桐ダンスでないとNGか?

失敗しない着付け教室の選び方|選択肢とメリデメを徹底比較

都内の着物お出掛けスポットおススメ3選

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください